2011年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年08月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

言葉の重み

本日入院しました。
本来ならこの入院が手術を含む入院になるはずだったんですが、
手術日の目処が立っていないので、今回は抗癌剤治療します。

夕方、S先生が病室にやってきて、少し話しました。

明日手術日が決まるよ。
外科の先生はやる気満々、大丈夫でしょ。てことなんだけど、
泌尿器科の先生が難色を示しているんだよね~


とのこと。
何よ。難色って・・・( ̄ε ̄;)
ちょー不安になるんですけど。なので、

可能性がないなら手術はしなくてもいいですよ。

と軽く言ったら、S先生ったら目を真ん丸くして、

死ぬよ?確実に死ぬよ?手術にこだわらない?
間違いなくそう遠くない日に死ぬよ?


と何度も何度も死ぬよ?を繰り返されました(;´Д`)

イヤ・・・。別に手術がイヤなんじゃなくて、
開腹しても癌細胞を取りきれない、人工膀胱造設ができない。
ていうんなら、そーゆーのを可能性がない。とゆーわけで、
開けて手術できるならやるよ!て感じで、
なんでか、先生の死ぬよ?発言に
私が弁解しているんだかわかんない状況になりました・・・(;´∀`)

とりあえず難色を示している泌尿器科の先生は
明日最終決断をしてお返事くれるそうなので、その結果を待ちたいと思います。

しっかし。S先生の死ぬよ?発言。
重いな~・・・。


にほんブログ村 病気ブログへ 女性・婦人科の病気へFC2ブログランキングへ
日本ブログ村へFC2ブログランキングへ
応援して頂けたらブログ更新の励みになります!

≫ Read More

スポンサーサイト

| 病気 | 19:38 | comments:5 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

複雑な心境

昨日の記事ですが、メールやコメントでいろいろな意見を頂きました。
別にS先生をかばうつもりはないんですが、S先生が発言した言葉について、
私なりの考えを述べたいと思います。

まず会話の流れからして、問題の死ぬよ?発言。
私がその言葉を引き出したよーなものでした。
私は前々から、曖昧に言われること、やんわりと告げられることを嫌っていたので、
S先生はストレートに言ったんだと思います。

それと私のお気楽な性格を見抜いているのか、
死ぬよ?と、究極の言葉を使わないと私が追い込まれないと思ってのことだと思います。

実際には後々、後味の悪い会話、言葉となってしまいましたが、
やっぱり私はここまではっきり言われないと、
どこかでお気楽性格がでてしまって、そのせいで後悔することがあるかもしません。
なのでこのくらい言ってもらって正解だったのかもしれません。
みなさんにイヤな思い、不快な思いをさせてしまっていましたら、
申し訳ありませんm(。≧Д≦。)mスミマセーン!!

それと昨夜の病院食。
これに対するご意見のメール、コメントも多かったです。
やっぱりカレーは香辛料の濃ーい味が、
化学療法中という味覚を失った舌にはうってつけみたいですね。

カレーの味は確かにパンチがありますね(・ω´・*)v
冷たいカレーはなしですよね?
カレーは飲み物ですよね?やっぱりhotですよね?(笑)



本日は薬が変わってからの化学療法2回目。
先月と全く同じコースで受け、つい先ほど終わりました。
今のところ、体調に問題はなく、食欲も旺盛です。

夕方頃、先生が病室にフラっとやってきて、
まだ連絡きてないんだよね~
明日、家族の説明のときに教えるね~

と言ってサッと去っていきました。

とゆーことで、手術日はおろか、
いまさらだけど手術が決行できるのかは明日になってみないとわからない。
とゆー結果になっております。
待ち遠しいような・・・、何も聞きたくないような・・・
複雑な心境です ヤレヤレ ┐(´ー`)┌ マイッタネ


にほんブログ村 病気ブログへ 女性・婦人科の病気へFC2ブログランキングへ
日本ブログ村へFC2ブログランキングへ
応援して頂けたらブログ更新の励みになります!

≫ Read More

| 病気 | 19:42 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

生きていく試練

今日は朝早くから水分の点滴を始め、
お昼過ぎには終わり、退院してきています。


11時前、家族が揃って先生から手術の説明を受けました。
今日になっても泌尿器科の先生はお返事を渋っているということで
手術日は決まりませんでしたが。

そしてもし泌尿器科の先生が手術を断ってきたら、
化学療法を続行とのことも話しを受けました。
しかし化学療法を続けるには限界がある。
もしそーなったときに、いつまで続けるか、を決めなくてはいけないことも聞きました。
もちろん、際限まで続けていくことは私には当たり前だと思ったんですが、
自分から打ち切る決断を下すことも視野に入れて欲しいといわれました。

そしてその後の私の余命は1年半~2年と宣告されました。
3年以上は今の状態からは化学療法での延命は無理と判断されました。
なので何か目標を持って今後の人生の在り方を考えてほしいとも言われました。

でも可能性がないわけではありません。
今依頼している泌尿器科の先生が断ってきても、
違う先生をあたってくれるとのことでしたが、
放射線をうけた膀胱を剥離する手術をやりたがる先生は
10人中1人もいないそうです。
そう簡単には見つからないかもしれませんが、
諦めずに泌尿器科の先生を探すつもりです。

仮に先生が見つけられ、手術も無事終え、癌細胞も取り出し、
人工膀胱も平常運行でき、術後予防として抗癌剤治療を3回行い、
経過観察に入られれば、天寿を全うできるみたいです。

今は家族も私もそれを祈るばかりです。
両親は地方からきましたが、
きっと心はずっしりと重いものを抱えて帰ったと思います。

今から悪い方向ばかりを考えてはいけないと誰もが思っています。
でももしものときを考えるのは悪いことではないと思います。
今の病気で天寿を全うできなくても、
もしかしてこれが私の宿命なのかもしれません。
これが現実なのかもしれません。
私にとってこれからは生きていく試練の時期です。
大丈夫。私はまだまだ大丈夫。


にほんブログ村 病気ブログへ 女性・婦人科の病気へFC2ブログランキングへ
日本ブログ村へFC2ブログランキングへ
応援して頂けたらブログ更新の励みになります!


≫ Read More

| 病気 | 16:35 | comments:5 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

酷な質問

いつもこのブログを見てくださっている方々。
ありがとうございます。
そしてたくさんの激励のコメントやメールをくださった方々。
本当に励みになります。ありがとうございます。
お互いのことを知らないにしても、
一方的に発信している私の感情や思いに、丁寧に応えてもらい、
病気には負けたくない気持ちがいっそう強くなります。
しかし今後もこのブログで弱音をはくかもしれません。
そのときはズバっと叱ってやってください。
どーぞよろしくお願いいたします。



2月に腎ろう造設をしたとき。
チラっとここにも書きましたが、両親と一緒に住むことを考え始めていました。
そしてそれから実際に家探しを始めました。

結局は新築で家を建てよう!ということになり、
毎週末、姉と私と二人でハウスメーカーに通いつめ、
現在、数社にて見積もり、設計の段階です。

私の病気がここまで治らない、ここまで追いつめられるとは
思ってなかったので、家を建てる話は正直、微妙になってきたと思います。
両親も住み慣れた地を後にし、新転地での生活には苦労も多いと思うので。

なので手術ができなかった場合のことを考え、
私も思い切って両親に聞いてみました。

もし私の手術ができなくて、私がいなくなっても
家を建てて、新転地で暮らしていくの?


と。

泌尿器科医が道外にでもいるなら費用をだすから、家のこともおいておいて、
お金の心配もしないでいいから手術を受けてくれ。


との返答でした。
こんな質問を両親にするのは酷だと思いましたが、せずにはいられませんでした。
自分で酷すぎると思いながらも質問してしまい、
その後の私はずっと胸が痛いです。
なんてバカな質問をしたんだろう・・・と。


退院してからの私は電話待ちの日々です。
S先生から、泌尿器科医からOKサインがでればすぐに連絡します。
と聞いていたので。
しかし今現在、連絡はきておりません。
ですが今はS先生の返答を待ちたいと思います。


にほんブログ村 病気ブログへ 女性・婦人科の病気へFC2ブログランキングへ
日本ブログ村へFC2ブログランキングへ
応援して頂けたらブログ更新の励みになります!

| 病気 | 10:23 | comments:6 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

未来への扉

落ち込まないように、テンションが下がらないように気をつけていますが、
なかなかそうはいかない毎日を送っています。

病気のことだけじゃなく、ちょっと職場で問題がありまして・・・( ̄ε ̄;)
辞めろと言われたわけじゃないですよ。
まぁ、簡単に言いますと新しい社員が入ってきたんですが、
年上のおっさんで、口だけ達者で、
全く以て技術、知識、そして人間性が浅はかなヤツでしてね。

先週私が入院している間に入社してきてたんですが、
初日で全社員を敵にまわすという存在がいるという次第です。

しかもそのおっさん。私の隣の席なんですよ。
頼むから話しかけないでくれ!(◎`ε´◎ )
て感じで毎日キレている私です。
ストレスたまりまくってます(;´Д`)
今はオメェーに気をつかっている余裕はないんじゃ!
と、ここで愚痴ってみました(´ω`)ゞ
このおっさん話。・・・たぶん続きます(笑)


今日は採血があったので病院に行ってきました。
昨日までS先生から電話はなかったです。
で、診察で会いました。そのときの様子を↓↓

血液は多少いろいろと低いですが、問題ないですよ~。
あ、それと手術なんですが、スミマセンね~。
日程がなかなか決まらなくって。

えっΣ(=□=;)…!?
私、手術できるんですか?先生が見つかったんですか?

手術するよ。7月最後の週か、8月の最初の週だね。
泌尿器科医が夏休みに入っちゃって、
今日まで日程を結局詳しく決められなくてね。

電話こなかったから、先生が見つからなかったのかと思ってました。
両親が手術してくれる病院があるなら、東京でもどこでも行きなさいって言ってて、
私、がんばらなきゃって思ってました。

えぇ?!ご両親にそこまで考えさせちゃった?!
あら~。スミマセンね~。日程がはっきり決まらなかったから
お電話はしなかったんですよ。
でも手術をすることは決まったんで、また転院となりますが、
おいしいもの食べて、栄養、体力つけて手術をうけてくださいね。
HOAさんは仕事のムシだからそれまで思う存分仕事をしてきてくださいね(*´ω`*)


↑↑てな具合で本日の病院を終了致しました。
S先生~。私は特別に仕事のムシなわけじゃないんですよ?
ただ仕事は治療を終え、元気になろうとする目標の一つなだけであって・・・(;´∀`)

とりあえずすぐに両親に電話して、一安心してもらいました。
私も職場に戻り、いつも報告する方に報告をしたところ、一緒に泣いちゃいました。

いただいたコメントにもありましたが、
泣いても、くじけても、また気丈に立ち上がればいいですよね?
私、いろいろとがんばってますよね?
未来へとつながる扉に手が届きそうになってきましたよね?
とにかく今日は胸がいっぱいです。


にほんブログ村 病気ブログへ 女性・婦人科の病気へFC2ブログランキングへ
日本ブログ村へFC2ブログランキングへ
応援して頂けたらブログ更新の励みになります!


| 病気 | 22:05 | comments:12 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

揺れ動く心

たくさんのコメントありがとうございます。
手術ができることをこーして一緒に喜んでいただいて、
私も嬉しさが倍増です。
また以前の私のように元気に、前向きに過ごしていきたいと思います(*´ω`*)


先日、S先生からお電話がありました。
手術日決定です。
思っていたよりもちょっと先になりましたが、
それまでに仕事のムシである私は仕事の調整をしたいと思ってます。

それと気になっていたことが一つ。
手術をする病院は転院となり、今治療を受けていた病院より、
少し規模が大きい病院ですることになるんですが、
その病院で手術をするわけは外科医の先生がいるから。
そして泌尿器科医は私が最初に手術をした大学病院の先生がくるとか。

で、S先生は手術に立ち会うのか聞いたところ、
う~ん。ちょっと僕は行かないかな~。
という返答。
要するに外科医と泌尿器科医で手術をするってことなのね。

とりあえず、転院先の病院にTEL入れて外来受診の予約を入れてね~
と言われたので、明日あたりにでも電話してみます。


手術ができるかどーかがわかるまでの数日間。
ぶっちゃけ、いろんなことを考えました。

私、親よりも長生きできないんだ・・・。
病気が治ったら勉強を再開したかったのにな・・・。
病気のことを知らない友人たちには
このまま何も言わずにこの世を去ってもいいんだろうか・・・。
私がいなくなったら、私物は誰が整理してくれるんだろう・・・。
死亡保険金がでる保険の証書はすぐわかるところにおいておこう・・・。
今洋服を買っても来年、再来年は生きてるかわかんないんだから、
買い物はもぉやめよう・・・。
仕事もそー遠くない日に辞めることになるかな・・・。
年をとった両親の面倒は誰がみることになるかな・・・。etc・・・。

こう思う反面、

手術ができない?!ウソでしょ?!必ずできるよ!
私があと1,2年で死ぬ!?こんなに元気なのにありえないっしょ!
来年の社員旅行は済州島だ♪下調べを始めよう♪
例の職場のおっさんをどーやっつけよう・・・。
車もそろそろ買い替え時期だな。次は何にしようかな。etc・・・。

と、お気楽にも先を全く悲観していない自分がいることにも気づいてました。

手術ができるとなった今でも正直、この二パターンの思いが交差してます。
悲しみ?楽しみ?不安?楽観的?
心が揺れ動く手術までの日々。
じっくりと今までの自分を振り返るにはいい時期なのかもしれません。


にほんブログ村 病気ブログへ 女性・婦人科の病気へFC2ブログランキングへ
日本ブログ村へFC2ブログランキングへ
応援して頂けたらブログ更新の励みになります!



| 病気 | 14:23 | comments:1 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

望むことは贅沢?

今日は腎ろう交換に行ってきました。
先月、最後の腎ろう交換だと思ったのに、
手術が延期になったのでまーた痛い思いしてきました。

今朝、自己導尿をして、血の塊みたいなものがでました。
実はこれが始めてではありません。
今日はタイミングがよかったので、交換中に言ってみました。
でもこれは腎ろうを造設している人にとって、アリだそうです。
ま、しょっちゅうでているわけじゃないので、
あまり気にしないでおこうと思います。


それとS先生に今度腎ろう交換に行った時、
尿路変更の手術をするの~って軽ーく言ってきて。
と軽ーく言われていたので言ってみました。

尿路変更して、人工膀胱にする手術が決まったんです!
なので腎ろう交換はこれが最後になると思います!


そーすると泌尿器科の先生ったら随分驚いてまして・・・(;`・ω・)
やっぱり放射線をうけたお腹を開くことも、
そして放射線をうけたお腹に人工膀胱を設置することも稀だそーです。
なんのリスクがあるのか聞いたところ、

傷が治りにくい。
合併症がおきやすい。
人工膀胱が正常に働きにくい。etc・・・。


聞いてないよぉーーーー!(◎`ε´◎ )
この世の中で放射線をうけたお腹に人工膀胱を設置している人は少ないらしく、
普段どおりの生活を送っている人も、少ない中の更にごく一部だとか。

そんな話を聞いて、
抗癌剤だけでは病気は治りきらない。
手術しないと1年半~2年しか生きられないって言われたんです。

と伝えたら、

随分と過激なことを言う先生だね・・・( ̄ε ̄;)

と本日の泌尿器科の先生は言っておりました。
確かにね。過激だね。
多分他の人だったら、泣き崩れて、食欲も落ちて、寝込んで、
仕事なんてできる状態じゃないよね。(て、うちの両親は言ってる)

幸いにも私は基本、深く悩むタイプでもなく、
精神的にどっかネジが緩んでるのかもしれない(笑)
今、あっちゃこっちゃ痛みはあるけど、
私が病気だって知らない人が見たら、元気そのものだもんな~。


実際はどーなんだろ。
運なんだろうか。
例え運動ができなくても、水着が着れなくても、好きな洋服が着れなくても、
せめて日常生活を苦なく送れることを望むのは、
今となっては贅沢なことなんだろうか。

なんだか悶々としております。
手術をすることは本当に私にとっていいことなの?
疑問を抱かずにはいられない今日の腎ろう交換でした。


にほんブログ村 病気ブログへ 女性・婦人科の病気へFC2ブログランキングへ
日本ブログ村へFC2ブログランキングへ
応援して頂けたらブログ更新の励みになります!



| 病気 | 16:33 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

新しい病院

毎日忙しく過ごしてます。
仕事もきっちり行ってます。
野暮用もこなしてます。

最近は一人ぼんやりすると涙が出ちゃうんで、
体がつらくても何かかんかするようにしています。


今日は紹介された新しい病院に行ってきました。
予約はしてありましたが、びっちりの予約の予定に私をねじ込んでもらったんで、
予約はあってなかったよーなものでした。
なので2時間も待たされましたよ・・・( ̄ε ̄;)

私が今度入院する科は外科。
なので外科を受診してきました。
先生は思ったより若かったです。40代かしら?

話はきっちりと通っていて、
手術をしましょう。それしか残された道はない。
的なことをさらりと言われました。
CTやMRIはここ2ヶ月は撮ってなかったのでそれも撮り直すと。
直近の画像から見て取れる癌だけの場合は手術続行。
もし新たな発症があれば、手術は延期、または中止となるそうです。

CTとMRIは同じ日に撮ることができないらしく、
改めて来院。と言われたんですが、
入院前にあまり仕事を休みたくない思いがあったので、
今日、強引にCTを撮ってもらいました。
来週にMRIを撮ります。

入院期間は最短で術後3週間。
でも私の場合は2ヶ月を目処としてくれと言われました。

ざっと説明が終わり、ここで私が疑問に思っていることを質問してみました。
放射線をかけたお腹に人工膀胱を設置するのはリスクが高いと聞いたんですが・・・。
術後、仕事を続け、日常生活をこなせますか?


医師の回答はこーでした。
手術、抗癌剤、放射線で治療して子宮頸癌が治らないのは稀。
放射線をかけた膀胱にここまで影響を与えることも数は少ない。
手術の症例が少ないから、絶対大丈夫とは言い切れないが、
今体力があるうちに手術を受けることが最善。
最近のストマー用具も進化して、装備しても普通に服は着られるから、
日常生活は問題ない。仕事も座り仕事ならできるよ。
手術、やってみましょう!


とゆーものでした。
話を聞いていて、きっとこの先生は手術に自信があるんだろうな・・・
と言うことを感じました。
最後に何か聞きたいこと、不安に思っていることはないですか?
と言われましたが、
何を聞いたらいいか、何が不安なのか、今の自分にはわからなくなってきていて、
世の中には絶対はないのもわかっているし、
非日常的なことだもの不安がないわけではないこともわかっているから、
何もありません。と答えてきました。

午後は仕事に行ってきました。
いつも報告する人に入院日が決まったことや先生とのやりとりを
涙を流さずに伝えられました。

手術はもうやるしかないんだ!と頭ではわかっているつもりですが、
心がどーもついていきません。

でもこのままだとあと数年しか生きられないとわかっていて、
手術は高いリスクを背負うことになるかもしれないけど、
うまくいけば、もっと長生きができるということも知ってしまったからには、
今の私には何もせずにいることはできないです。

手術までの2週間。
きっと心は揺れます。不安もあります。たぶん涙を流すことも多いです。
それでも私はその少しの可能性にかけて、手術受けます。


にほんブログ村 病気ブログへ 女性・婦人科の病気へFC2ブログランキングへ
日本ブログ村へFC2ブログランキングへ
応援して頂けたらブログ更新の励みになります!



| 病気 | 19:24 | comments:3 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

心に残る言葉

本日の北海道はとっても蒸し蒸ししております。
私、湿度が苦手なんです。
多分、誰もが想像する以上に湿度にうるさいです。
そんな今日は湿度で暑くて調子悪いのか、
午前中にちょっとした力仕事をしたから、疲れてるのか、
ただ単に具合が悪かったのか、
わからない一日でした。


先日行った新しい病院。
外来受診したあと、S先生が連絡が欲しいとのことだったので、
お電話しました。

簡単に説明し、私が疑問に思っていることを同じく聞いてみました。
当初、私の術式は小腸を切って人工膀胱を設置し、
左腎臓からでている尿管を右の尿管に接続し、
人工膀胱へと繋ぐ。というものだと聞いていました。

しかしよくよく聞くと、やっぱりそれではリスクが高いので、
少しでも体に負担が少なくなる術式をとりましょう。
とゆーことで、尿管を直接体外に出すという方向で話は進んでいたそうです。

左腎臓からの尿管がうまく剥離でき、右に繋げられ、
1ヶ所の人工膀胱で済むか、
剥離できず、左右両方の腎臓からの尿管を体外に出すかは
お腹を開いてみないとわからない。と昨日は説明を受けました。

そのことも告げるとS先生は、
剥離して1ヶ所からでいけるよ!
てゆーか、がんばってもらおうよ!
僕、今週外科の先生に会うから、最大限がんばってもらうように
伝えておくから!


と言われました。
S先生にこー言われて、少しホッとした自分がいます。
とゆーことは、私S先生のことを信頼していたということですよね?
今まで、コメント等でいろいろな意見を頂きましたが、
自分がS先生を信用、信頼しているかは正直わからなかったです。
病院を変えたほうがいいんじゃないか?という意見もあり、
セカンドオピニオンも考えました。

でも私にはS先生と初めて出会ったときの言葉がずっと心に残っています。
細く長く治療して延命治療を行うのではなく、
病気は完全完治を目指して治療するもの。
とゆーことをモットーとして医者をしている。


たぶん、この言葉を聞いたときから私はS先生を信頼していたんだと思います。
今、こーして手術にこぎつけられたのもS先生と出会ったから。
あのまま大学病院で治療してたら、もっと悲惨なことになっていたかもしれない。
そー思うと、S先生に出会えてよかったと思ってます。

実際、S先生がいる病院に転院してからの治療で、
4ヶ所あった腫瘍のうち、2つはなくなったのですから。
しかも抗癌剤だけでは絶対に腫瘍はなくならないと言われた
一番やっかいな箇所の腫瘍は先生が選択した抗癌剤が
抜群に効いて消滅したんですから。

S先生は電話の最後に、
次に会うときは元気な姿で会いたいです。
術後、時間が合えば病院に会いにいきますが、
もし行けなかった場合は、退院の目処がついたら電話くださいね。

とのことでした。
もちろん元気になってはりきって連絡しますよ!

日に日にいろんなところからパワーをもらってます。
このブログを読んでくださっている方々にも
一喜一憂していただきありがとうです(*´ω`*)
私、まだまだ笑えそうな気がします。


にほんブログ村 病気ブログへ 女性・婦人科の病気へFC2ブログランキングへ
日本ブログ村へFC2ブログランキングへ
応援して頂けたらブログ更新の励みになります!



| 病気 | 19:24 | comments:3 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

戸惑う出血

本日の北海道、またしても湿度が高いです。
室内で洗濯物が乾きません。
とっても不愉快な気候です(◎`ε´◎ )


木曜日、普通に朝起き、仕事に行きました。
職場は今年、エアコンが稼動しておりません。
なんてったって、今年はエコの年ですからね。
そうそう文句は言ってられないのですが、
やっぱり暑いのか、具合が悪いのか、調子がでませんでした。

そして午前中。いつものとおりトイレに行き用を済まそうとしたところ、
自己導尿した際、ドロっとした血がたらたらとでました。

えΣ(=□=;)…!?何コレ???
と思った矢先、普通におしっこが出始め、そして最後はまたしても血。
焦った私は腎ろう交換のためにかかっている泌尿器科へTEL。

名前を言っただけで私だとわかる看護師さんが電話口にでてくれて、
痛みはある?熱は?水分多めにとって、
もうちょっと様子みてみて~。

と言われ、
こっちは出血して焦ってるのに、その悠長な対応はどーゆーこと?!
出血って尋常じゃないでしょ!

と、患者と医療関係者との温度差を感じました。

看護師さんからとってみれば、体調が悪い人、病気の人からTELがきて
話すことが当たり前の仕事で、
どっこも悪くない人から病院にTELがくることはない。
だから私のTELも毎日の仕事の一部かもしれないけど、
私にとってはちょー不安で。
でも痛みはない。熱もない。じゃぁ、もぉちょっと様子をみる?
と思い直し、仕事続行。

そして午後のトイレタイム。
やっぱり血がでてますよ~。おぉぉぉΣ(=□=;)…!?
と思うくらいでてますよ~。
てなことで、もう一度病院にTEL。

午前と同じ看護師さんが電話にでてくれて、
血がでてたらやっぱり不安だよね。病院にきて。
と言われ、速攻で行きました。

尿検査をし、やはり血が混じっていることを確認。
なんでも私は放射線をうけているので、
疲労やストレスから粘膜が弱り出血することがあるとか。

でもね。でもね。この出血の量、おかしくない?
もしかして膀胱穴開いたんじゃない???


とゆー私の力説から、内視鏡をしてもらうことに。
その内視鏡画像をリアルタイムで見せてもらいました。
(↑こーゆーとこがナイーブじゃない私だと思わせる)

実際、膀胱内から出血はしているものの、傷があるわけではなく、
やはり粘膜が弱ってじわりと出血している様子。

本当に膀胱は穴が開いていないのか?ともう一度問うと、
膀胱に隣接している癌細胞の位置にカメラを向け、
外側の膀胱壁から癌細胞が押しているでっぱりを見ました。
この様子だとそんな数日で穴が開くような状態ではない。と言われました。

そっか~。そーなんだ。と一応納得。
最後に先生から、
1,2日くらいはまだ出血すると思うけど、薬飲むほどの出血じゃないから。
手術がもうすぐですよね?
あまり神経質にならずに、栄養とって体力つけてね。

と言われ、看護師さんにも手術がんばってね。と励まされ、病院を後にしてきました。

その日の夜もマジで~Σ(=□=;)…!?と思うくらい出血したんですが、
金曜の昨日。なんとなくおしっこが赤っぽい。
と思うくらいまで、出血はおさまりました。

そして今日は肉眼では血は見えません。
とりあえず、出血はおさまったのね?嵐の前の静けさじゃないよね?

こー思いながら、
疲労?
暑い中、エアコンなしで力仕事してやっぱり体力に無理があったかな。
ストレス?
これはあのおっさんだよ。
貧乏ゆすりやめてくれよ。そのごみステーションのよーな匂いは何よ?
アイツの存在がストレスだよ。間違いないよ。

こーも思ったりして。

とにかく手術を目前に控え、いきなりの出血だったので不安にならない訳がない。
自分ではそーは思っていなくても、どこか神経質になっていたのかもしれない。
このまま何事もなく手術に挑めることとなりたいです。


にほんブログ村 病気ブログへ 女性・婦人科の病気へFC2ブログランキングへ
日本ブログ村へFC2ブログランキングへ
応援して頂けたらブログ更新の励みになります!



| 病気 | 13:00 | comments:1 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。