PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

決意のカット

12月25日
私が他の患者さんとあまり関わりあいたくない。
という気持ちを察してだったのかな?
通常、術後5日目くらいで大部屋に移されるみたいだったけど、
ずっと二人部屋だった私。

朝、看護師さんに化学療法への不安を伝えたせいなのか、
年末も近づき、部屋の分散化をまとめたかったからなのか、この日大部屋に移動。
といっても6人部屋なのに4人しかいなかった。



12月26日
週末ということもあり、治療も診察も何もないので術後、初めての外出。
自宅に一度戻り、自己導尿をスムーズにできるように環境を整える。

髪の毛が抜ける。という事実にも立ち向かわなければならない。
安易にカツラは選べなかった。なので帽子を探す。
いつもは入らない洋服屋で冬用のニット系の帽子を見つけた。
黒と茶を購入。とりあえず帽子を用意したことで心が落ち着いた。

姉の家に行き、手料理を食べさせてもらう。両親もきた。
病院食にも飽きてきたこの頃。すごくおいしかった。
4時間程度外出していたが、車での移動するその振動が傷口を振るわせた。



12月27日

化学療法前日。腰まであった私の髪。
化学療法をすると、確実に抜け落ちると聞いていたので、
この長い髪のまま抜けはじめたら惨劇だ!と思い美容室へ。
病院から徒歩10分くらいのところ。

初めて行った美容室なのに、超ロングだったスタイルから
「ショートでお願いします!」
と意気込む私。美容師さん、ちょっぴりビビってました。

迷いはなかった。ロングヘアから抜け落ちることを想像すると。
それに4年くらいロングヘアだったけど、その前の3年間くらいはずっとショートだったし。

カットを終え、病院に戻ると同じ病室の方からは
「カツラ作ってきたの?」と言われた。地毛ですけどーーー!
看護師さんも驚いていた。

長い髪を切る。これだけで今後、治療と戦っていく!
という決意の表れだったのかもしれない。




| 病気 | 23:59 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。