PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

必要なときにはもう遅い

先に言っておきますが、私は保険会社関係者ではありませんよ~。



私は生命保険らしいものには一つも入っていません。
強いて言うなら簡保の貯蓄型のもの一つ。
病気になる前は保険なんて必要ない。
まさか自分がそんな大病に冒されるわけがない。
「まさか自分が…」てみんな思うことですよね。
そんな根拠のない理由で保険なんて考えたことがなかったです。

でも今回病気になり8ヶ月に及ぶ治療費は
その簡保の貯蓄型のもので賄えました。といっても隠し玉が…。
両親が私名義で同じものに加入していてくれたため、
正確には2本の簡保で治療費は払えて、しかもおつりがでるくらいでした。



そして先日。ある保険会社から連絡がきました。
実は現在通院している病院に行く直前に加入した保険があったんです。

そこに給付金の請求はするつもりなかったんですが、
その保険会社を教えてくれた知人にダメ元で請求してみたら?
と言われたのでやってみました。
まぁ予想はしていたけど、いろいろな要素で請求はNGで、
さらに保険加入自体も無効ということになってしまいました。

掛け金も戻らないということだったので、
今の段階で無効だと知らされて、早い時期に諦めがついてよかったです。

でもこの保険会社。
私が加入したかった保障内容の保険加入は無効となったけど、
私の保険加入日とその先の治療方針の本人への告知日等から考慮され、
少し保障の手薄いプランの保険なら加入できると言われました。

そんなの加入しても雀の涙程度の給付か…。と思いました。
でも一度病気になると保険って入るのがムズカシイんですよね。
てゆーか、100%の確率で加入できないんですよ。
なのでこの先何も保険がないよりましなので、
その手薄い保険に加入することにしました。

それで今回の給付金請求。給付金はもらえなかったですが、
お見舞金程度の額を頂きました。つーか、掛け金より多くもらえたので、
結果的に保険に入る決意をしたことは良い結果となったと思います。
もちろんこの先に備えてもいい決断だったと思います。



病気になった今私は運良く、保険に加入することはできましたが、
誰もがみんなそうできるとは限りません。
癌という病気と闘うにはたくさんのお金がかかります。
入院、手術、抗癌剤、放射線治療。そしてその後の経過観察での検査料。
健康であればこんな費用、一切かからなかったのに、
病気というリスクを負いながらも、金銭面でも追われていきます。

なのでこのブログを目にした健康なみなさんには是非、
保険加入ということを考えて欲しいです。
今は少しの掛け金でもたくさんの給付を受けられる保険が数多くあります。
その少しの掛け金で大きな安心を手に入れたと思って。



お金の余裕が心の余裕。



病気になったとき、やっぱり頼りになるのはお金です。
先進医療を受けたくても、先立つお金がないと受けられません。
治療を受ければ治る病気もお金がないために受けられないといった状況が
おこらないように是非健康なうちに。
保険って必要になったときには加入できないんです。
病気になった人がいうんですから、マジ話ですよ~。

ま、保険も必要ですが、検診という思い腰も上げてみてくださいね。







| 病気 | 21:01 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。