PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

グアム旅行 part1

先日の3泊4日のグアム社員旅行。
行くのか行かないのか…。悩んでいたのがウソのように楽しんできました。
本当に行ってよかったです。
その思い出をここに残します。


まずは初日。職場のみんなで車を乗り合わせして空港に集合。
雪は降らず、高速をぶっ飛ばして思ったより早い時間に到着。
20101105_003.jpg
2010年3月にオープンしたばかりの新千歳空港国際線ターミナル。
ものの見事に人影が少なかったです。
私が勤める会社の人は9割方参加。
他関係者数名の参加で全部で17人の旅行となりました。

そして12時25分発コンチネンタル航空でCO938便にていざ離陸。
20101105_501.jpg
機内食はベーグル、ごぼうサラダ、クッキー。
クッキー?食事にクッキーってどーなの!?と突っ込みたかった。

20101105_502.jpg
ベーグルは中にチキンが入っていたけど、お味は薄め。てゆーか、味なかった?
塩があったのでさらっとかけて食べました。
コンチネンタルの機内食。お世辞にもおいしいとは言えないなぁ。
しかも量も少なくない?私は満腹になれず。

そしてフライト時間4時間35分を予定通りにこなしグアム着。
20101105_005.jpg
歩きながらこの看板?を撮る。荷物は手順良くでてくる。
空港の外に出るといきなりの湿度。さすがグアム。想像以上の湿気だった。

お迎えのバスに乗り、ホテルに到着は19時。
宿泊ホテルはハイアットリージェンシーグアム。
このホテル。私が入院中に旅行本で調べてここがいい!と主張したホテルだった。

部屋に入るとウェルカムフルーツがりんご2つ。
いやいや。ないよりいいけどりんご2つって…。
以前、香港のペニンシュラホテルに泊まったことがあったけど、
あそこは毎日日替わりで最低3種類のフルーツがでてきたのを思うと、
ちょっとしょぼかったかな。

20101105_008.jpg
室内はこんな感じ。
部屋とユーティリティーが筒抜け?!
これは浴槽に入りながら海が見える。というコンセプトらしいけど、
カップルや夫婦で同室ならありかもしれないけど、それ以外はなしでしょ。
つーか、実際にはその位置から海は見えませんから。

部屋から浴室が丸見えというのも、引き戸を閉めれば見えなくなるけど、
この造りはどーなの?と疑問を持つ高級ホテルかもしれません。
逆に高級ホテルだからこんな造りなのかもしれないけど。

20101105_013.jpg
ベット上にはこんな飾りつけが。


20101105_018.jpg
バルコニーからはホテルのプールと海を一望できる景色。
夜景は写真ではちょっと見えずらいかな。


夜はホテルに入っているレストラン
「アルデンテ リストランテ」というイタリアンを予約していて
全員で食事をとることになっていた。

まずはシャンパンで乾杯。
ここでなんとわたくし、アルコールを呑んでしまいました。
術後まだ一度も口にしていなかったアルコール。おいしかったですねぇ~。
隣の席の同僚はお酒が呑めないんで、もらってしまいました。

続いて、
20101105_033.jpg
こんなのも呑んじゃったりして♪

そして前菜の盛り合わせ。
3種類の盛り合わせで、写真撮ったんだけどうまく映ってなかったので割愛。

20101105_042.jpg
スープはムール貝と魚介類のトマトスープ。

パスタはフェットチーネパスタ。
ワイルドマッシュルーム、パセリ、ガーリックの入ったクリームソースでした。
こちらも写真割愛。

この時点でお腹いっぱいで。
久々に呑んだアルコールも一気に酔いがまわっている感じでした。

メイン料理はお肉か魚介類かを選べて、
私はグアムに行ったらロブスターを食べたい!と思っていたので魚介類を選択。

20101105_047.jpg
ロブスターテールのグリルソテーしたアスパラガス、シャムロット、
ロースとガーリック、サンドライトマトクリームソース

へー。ロブスターってこんな味なんだ!と納得し満足です。
ここでもうお腹ははちきれんばかり。
しかしフルコース。最後はデザートもでてきます。

20101105_050.jpg
いきなり3種類?!
右のティラミスは食べたけど、プディング、シナモンタルトは残しました。
コーヒーもでてきましたが、ホテルのコーヒーなだけあって
煮詰まっていなくおいしく〆らせていただきました。


食事が終わったのが22時過ぎ。
この後同僚たちはハードロックカフェに行きましたが、私は部屋に戻りのんびり。
同室は私が働く会社のビルに、同じく事務所を構えている他の会社の方で年配の女性。
ある業種の先生です。一緒にのんびりしてました。

正直、この旅行。
この先生がいなかったら行かなかったかも。

他の同僚たちとアクティブに行動するには体がついていかないし、
旅行前、ちょっとイヤな思いもさせられたこともあったから。

でもこの先生が「部屋は私と一緒にしてのんびりゆっくりいきましょ!」
と言ってくれ、最終決断日までも悩んでいた私に
「HOAさんが一緒に行ってくれると私も楽しいから是非行きましょう」
と最後まで声を掛けてくれた。

他の同僚たちはそんな言葉はなかった。きっとみんなは、
病気になり後遺症も残った体で無理して旅行に行かなくてもいいし、
何より、行こう!と誘っても体がついてこないんじゃ行けないでしょ。
と思っていたのかもしれない。

実際逆の立場なら私は声を掛けただろうか?とも考えた。
たぶん上記のようなことを思ったと思う。
なので、結果オーライとゆーことでこの辺のことは忘れることにした(笑)

旅行初日は0時前には寝る準備ができ、
先生とおしゃべりして1時前には就寝。
体調はよし。足のむくみもたいして気にならなかった。











| 病気 | 16:59 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。