PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

腎ろう造設手術

昨日、無事腎ろう造設手術を終えました。
今はすでに退院しております。
えΣ(=□=;)・・・!?もぉ退院!?と思われるかもしれませんが、
当初、日帰りで造れると聞いていたので、1泊の入院で済みました。
いざ腎ろうを造ってみて、日帰りなんてとんでもない(ё_ё;)と思いましたけど。


昨日は午後からだったんですが、局部麻酔にて開始。
もちろん意識はあります。
うつ伏せになってわき腹あたりに麻酔をしたんですが、
その麻酔が痛いこと・・・(;´∀`)
麻酔を刺すための麻酔ってないんですかね。

麻酔は5分ほどで効いてきて、次々と作業はすすみ、
息吸って~、止めて!の繰り返し。
麻酔が効いているといえども、体内に管が入る感触があります。
おぇぇぇぇ~。それが気持ち悪いこと(-""-;)

腎ろう造設は細い針から始まり、それを伝って徐々に太い針を刺していくそうです。
その針刺しは3本。4本目には本番の管が入ります。

痛かったら麻酔追加するから、と言っていたけど、
痛い!痛い!と叫んでも、追加なんてしてくれませんでした・・・( ̄ε ̄;)
乗っている台をバンバン手で叩いて訴えたんですけどぉ!
そしてうつ伏せ状態なので、胃が圧迫されて気持ち悪かったです。
しまいには膝も痛くなってきて、ジタバタしてましたね。

最後のほうは透視画像を見ながら、
実際に腎臓まで管が刺さったものを見せてもらったんですが、
人間ってこんなもの体に刺さっても生きていけるのね・・・(;`・ω・)
と思いました。

手術は部屋に入ってから病棟に戻るまで1時間ちょっとでした。
実際の作業は30分くらい?
私は1発で入ったので、このくらいの時間で終了です。

病室に戻ってからは2時間は絶対安静とのことで、
ベットで横になって。さすがにぐったりでした。
夕食の時間には絶対安静も解けたんですが、トイレのみ動くことはOK!
でも車椅子で移動ね。とのこと。
私は自己導尿していて、めんどくさかったからおしっこの管を入れてもらいました。

就寝時間まで、今回の腎ろう造設の話を知っている家族、友人、知人に
終わったよメール。でもうつろだったから、メールしてはうとうと。
目覚めると返信がきていてまたメールって感じでした。

就寝時間も近づき、もしかして痛みで眠れないかも…。
と思い、マイスリーをもらって飲んだんですが、痛みなのか何なのか、
1時間おきに目が覚めちゃって悶々としておりました。

朝の回診後、やっと動くことを許され、おしっこの管もはずしてもらい、
点滴も抜け、気分爽快!
と言いたいところですが、腰からの管はでっぱなし・・・( ̄ε ̄;)
とうとう腎ろう生活開始です。

今朝の血液検査は多少の貧血はあるにしても他、感染とかもなく、
発熱もしていないので退院許可がでたという次第です。

ぶっちゃけ、現在腰の管が入っているところは痛いです。
痛いので動きも鈍いです。
外出時は太ももにベルトでパックを括りつけ、そこに管をつないで尿を出します。
家にいるときは大きめのパックに接続し、お風呂に入るときも
寝るときもつなぎっぱなしで、常にパックを持ち歩くことになります。
腎ろうがあるからっておしっこはでないのか?と思われますが、
右の腎臓は正常に動いているので、引き続き自己導尿にて排尿はします。

自己導尿と腎ろうの管理。
今後の生活に不安を持たずにいられない。というのが今の正直な気持ちです。
でもきっと徐々に慣れていくと私は信じています。
明日は普通に仕事に行くつもりです。
ガンバレ私!根性だ!(* ̄∀ ̄) ~♪


にほんブログ村 病気ブログへ 女性・婦人科の病気へFC2ブログランキングへ
日本ブログ村へFC2ブログランキングへ
応援して頂けたらブログ更新の励みになります!


| 病気 | 15:45 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。