PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

二度目の手術 ゼロからのスタート

昨日の夕方退院しました。
今回の薬はDAY1のみ。
昨日はヴィーンF液を2本と利尿剤のラシックスで済みました。
あっとゆー間の2泊3日の入院でした。

で、4月から右足の付根が痛いことが多く、不安に思ってS先生に訴えました。
そーすると朝一番でMRIを撮ってもらい、退院直前S先生と話しました。

S先生の見解では特に目立った何かがあるとは思わないとのことでしたが、
専門医にもこの画像を見てもらうことになりました。結果は後日。

そして次に話したことは、
このMRI画像を見たS先生から衝撃的な言葉をもらいました。

やっぱり手術をしましょう。
膀胱横の腫瘍が相当悪者らしい。
それがあるからこそ、今回の新たな癌細胞が発症したと思ってもらってもいい。
最近は気づけばHOAさんの今後の治療のことを考えている。
なので外科医と泌尿器科医ともすでにカンファレンスをした。
開腹手術で膀胱を人工膀胱にし、今ある癌細胞を全部取り出しましょう。

え!?先生!私、放射線やってもぉ開腹手術は無理なのでは???
今度開腹するときは
命にかかわるような事態じゃないと開腹しないっていいましたよね?

今がその状態です。
いつ膀胱横の癌細胞が膀胱壁を破って、体内に尿が漏れ出すか時間の問題。
実はHOAさんと全く同じ過程で病気と闘っていた人がいた。
その人は手術の遅れで結局は37歳で亡くなった。
僕(S先生)の医師人生の中でもっとも印象的で、忘れられない患者なんです。
子宮頸癌ってこんなに後を引く病気じゃないので、
HOAさんには同じ道を辿って欲しくないので今回の手術を勧めます。

人工膀胱になるのもイヤだし、開腹手術にも抵抗があります。
このまま化学療法を続けて様子を見るのはダメですか?

正直、他の小さな腫瘍は化学療法でなくなるかもしれません。
でも膀胱横の腫瘍は化学療法では完治するのは無理と判断します。
手術は強制じゃないです。決めるのは本人ですから。
でも手術をしなければ未来はないです。
手術をすると悪いものは全部摘出する予定なので、術後予防として化学療法を3回。
厳しいことを言えば、手術をして亡くなる可能性もあります。

じゃぁもぉ1、2回化学療法して様子みたいですけど、
このままだと私はあとどのくらい生きられますか?

逆にどのくらい生きたいですか?

両親より長生きしたいです。

残念ながら、今の状況では無理です。


以上のようなやりとりがありました。
久々に悲し涙かな。溢れちゃいましたね。
とりあえず話はわかったので退院準備していたんですが、
まずは母にTELしました。それでも心の整理がつかなくって。

で、今入院している仲の良い先日ここにもかいた患者さん。Nさんてことで。
Nさんにこの会話の全てを話しました。

そーすると彼女は、
手術は無理って言ってたのに、やってみよう!と言う先生は
きっと腫瘍を摘出して今後の可能性があるってことを見つけたんだよ。
だから開腹手術は悪いことじゃないんじゃない?

と言われまして。

その言葉を聞いて、ある意味腹を括ったかもしれません。
やっぱり患者仲間って大事ですね。
自分もつらい経験をしてきているからこそ、
健康な人からでてくる言葉とは重みが違うような気がします。

来週に外来受診します。
そのときにS先生には手術を受けます!と宣言するつもりです。
化学療法をして無駄に体力を奪われないよう、手術にかけます!
私に弱気は似合わない!ガンガン攻めてやる!
今の私に残された道は手術して悪いものを全部だしてゼロから始めることだ!


にほんブログ村 病気ブログへ 女性・婦人科の病気へFC2ブログランキングへ
日本ブログ村へFC2ブログランキングへ
応援して頂けたらブログ更新の励みになります!



2011年6月8日(水)朝食
2011年6月8日朝食
よもぎロール・蟹シュウマイ銀あんかけ・菜の花サラダ・紅茶・牛乳


2011年6月8日(水)昼食
2011年6月8日昼食
けんちんそうめん・コーン卵焼き・トマトマリネ・バナナ


けんちんそうめん
けんちんそうめん。いつもの具がない麺類は選択してでているので味気ないです
でも水曜のお昼は定番が麺類なので具がちょっぴり豪華?
今回の抗癌剤。副作用が少なめなので食欲もあり、毎食8割くらいは食べられました



| 病気 | 11:26 | comments:3 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| NAME: | 2011/06/09 16:19 | |

同じ婦人科がん(卵巣)のサバイバーです。
私も2回開腹しました。
がんになって・・・どれほどの涙と不安な夜を過ごしたかな・・と
思います。
ミクロレベルのがんは抗癌剤で叩ける可能性も
ありますが、画像に写るマクロレベルのがんは
なかなか無理だと思います。
況してや子宮頸がんは、抗癌剤感受性もさほどには
ない固形がん・・・卵巣がんの方があるように思います。
様々なリスクもありましょうが
不安や人工膀胱も辛いでしょうが
生きてこそ!ですよ。
まだ若い貴女、生き続ける可能性を選択してください!!
応援しています。

| NAME: 海 | 2011/06/09 23:36 | URL |

いつも、こっそり拝見させて頂いてます。私も昨年11月に子宮頚ガンの広汎性手術を受けました。毎日めそめそ暮らしてますが、HOAさんの、深刻な状況にもめげずに前向きに頑張っている姿に、自分が恥ずかしくなります…。
陰ながらですが、応援してます。生きる希望を忘れず、お互い頑張りましょう!

| NAME: ちろちょん | 2011/06/10 23:33 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。