PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

5年前に戻りたい

朝一番で病院に行ってきました。
結論から言いますと、


手術中止


診察室に呼ばれた私は、
電話もらって呼ばれたということはよくない結果なんですよね?
と、こちらから攻めてみました。

結果、CT、MRIの画像上、新たな再発が数箇所ありました。
そしてついでに腹水も溜まりはじめました。

手術が中止になった一番の原因は、
右足付根に新たに腫瘍ができたこと。
その腫瘍が足の神経に隣接し、圧迫しているため、
手術では切除できないとのこと。
すべての癌細胞を取りきれないなら開腹する意味がないので、
手術中止になった次第です。

骨にこそ転移していませんでしたが、
私のこの右足の痛み。気のせいではなかったようです。
現在鎮痛剤はロキソニンを飲んでいます。
それも近いうちに効かなくなるそうです。
よって麻薬系の鎮痛剤も勧められました。


先週、膀胱から出血したことも告げました。
この先も出血は起こるそうです。
膀胱に隣接している癌細胞はびっくりするくらい大きくなってましたから。
そしてもし、膀胱に穴が開いたときは
右側の腎臓にも腎ろう造設します。と言われました。
その覚悟をしてください。とも言われました。


今後はどーしたらよいのか尋ねたところ、
S先生のところに戻り、先のことを相談してください。
と言われました。

今日の先生は放射線をかけられれば一番いいんだけどね。
と言っていましたが、私には無理な話。
先生ももちろんよくわかってます。
なので残された道は抗癌剤治療。

私に試される抗癌剤はもう、残り少ないと思います。
それでも私は諦められません。
でも抗癌剤治療がほんとうに残された道なのか、
私には判断できません。自分では決められないです。

この地で手術ができないなら、東京にでも行って病院を探し、
足が動かなくなっても手術をするべきか。
それとも抗癌剤治療をできる限りし、延命治療として受け入れるか。

今、できることなら5年前の自分に戻りたいです。
そして30歳を過ぎたらきっちりと子宮頸癌検診を受けて、
例え病気が発覚したとしても、早期発見、早期治療で完治し、
元気な姿でいられる自分になりたいです。

今日の私はちょっと疲れてますが、気力はあります。
良くないことばかり考えてしまいますが、
反面、病気には負けないぞ!という心意気もあります。
来週、S先生のところに戻り私のこの先の人生を決めてもらいます。


にほんブログ村 病気ブログへ 女性・婦人科の病気へFC2ブログランキングへ
日本ブログ村へFC2ブログランキングへ
応援して頂けたらブログ更新の励みになります!



| 病気 | 12:50 | comments:9 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

子宮頚がんには白金製剤とタキサン系を使用するのが標準療法です。
 またセカンドライン以降にはまだ使用していない白金製剤とタキサン系を使用しますが、子宮がんに保険認可の抗癌剤は案外少ないのが現実、また同じ婦人科がんの卵巣がんよりは抗癌剤感受性がない。
無論卵巣がんも明細胞や粘液性は苦慮する事もある様ですが。

1、2008年ASCO No.5514
Ts-1を使用する 日本の国立がんセンターで行った
  臨床試験です。副作用が比較的軽度で有効率も高かった治療法です。

2、
2008年ASCO No.5515 
アリムタを使用する。18人中3人でPR、10人がSDと
  70%以上の例に有効でしかも奏功期間が7ヵ月以上と比較的長いのも特徴です。

3、2010年ASCO
分子標的薬 pazopanibを使用する 2010年ASCO 縮小効果は9%と低いものの
  OSの延長と病気が進行するのをとめる期間が延長する効果。

いずれも保険外治療、かつ混合治療の壁は高く!!ですが
窮すれば通ず!あきらめないで!
生きたい!その想いに応える、応えよう!とする医師は必ず
います。私が探しあてたように・・・

月並みな言葉ですが、同じがん患者、その辛さや切なさ、無念な
気持ち、わかりますよ!!とっても。

諦めないで!!
HOAさん!!

| NAME: 海愛 | 2011/08/05 18:58 | URL |

子宮頚ガンのキーワードに、サバイバーとしてたまらず書き込みます。きっとよくなる!と祈ります。

| NAME: ま。 | 2011/08/05 23:21 | URL |

ハツコメです。

3週間かけてブログ読みました。
明るい光が見えたと思うとまた、暗闇に落とされるような現実にうまい言葉が見つかりません。


手術は、遠隔転移しているなら無理なのでしょうね…
でも、抗がん剤もまだ使えるカードはあると思います。S先生に相談してみて全国圏で探してみてください。

きっと、希望の光はあるはずと信じてます。


| NAME: ねぇ。 | 2011/08/06 08:59 | URL |

どんな言葉をかけたらいいのか…
夫と読んでいて泣いてしまいました。

絶対、諦めないで!以前、NHKで、ガン治療最前線みたいな
特集をやってて、かかりつけの病院で治療不可能と言われた
ガン患者さんが、名医と出逢って治療できたとやってました。

日本中探そうよ!HOAさん!
名医と出会えて、たとえ手術で足が動かなくなっても、命が救われるなら、私だったら徹底的に戦います。HOAさんもそうですよね!

一刻も早く、名医と出逢うための行動に移して下さい!
絶対、治ります!



| NAME: ちろちょん | 2011/08/06 11:46 | URL |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| NAME: | 2011/08/06 13:05 | |

こんにちは。いつも頑張ってるなーと思って読んでます。                              私は早期発見で手術しましたが、1年で遠隔転移してしまいました。本で調べたら余命が数か月から2年でした。全く予期してなかった・・・                                                そのとき、知り合いのおじいちゃん医師から癌に絶対ということは無い。初期だから、高分化だから、絶対に転移しないことは無い、完治したのだったら後の検診はする必要はないでしょう と言われました。                                              5年前に戻りたい、というタイトルを見て辛くなりました。 見つかった時が一番治療が必要だったんだと思います。                               絶対が無いなら 良い方へ行く事もあるという事だし。                               良い治療法が見つかる事を願ってます。頑張ろうね。                                                       

| NAME: まだ元気 | 2011/08/06 13:54 | URL |

いつもHOAさん
本当に前向きにがんばってますね

私は多分 まだ元気さんと同じ状態です
手術で取りきれてたし リンパなどにも転移は無かった…

完治しないのがガン
再発 転移したらもう治ることは無い
ずーと頭の中でなんで私がって思ってました

でもHOAさんのブログを読んで 
そんな時間もったいないと思うようになりました

普通に1年でも長く生きていたい

HOAさん 時々はゆっくり休んでね


| NAME: tomoyann | 2011/08/07 02:16 | URL |

同じ北海道の空の下から祈ってます

諦めないでね 奇跡ってあるんだから

でも少し疲れたら 休んだり 涙を流したりして
少しでも前向きに行きましょう

ここ何日か湿度があるから大変でしょう
無理はしませんように

| NAME: 道民 | 2011/08/07 03:38 | URL | ≫ EDIT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| NAME: | 2011/08/08 00:38 | |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。