PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

右足に小細工

月曜に入院しレントゲン撮って、
火曜にイメンド飲んでから動注化学療法して、
水曜の午後には起き上がれるようになって、
木曜は家族がゴハンを持って病院に遊びにきて、
金曜の本日はお迎え待ちで夕方退院しました。

副作用は前回ほどひどくなかったです。
でも一思いに吐きまくるか、吐き気だけあって吐かないか。
前者の方がすっきりします。でも体力的には後者がいいかも。
とゆーことで、今回はイメンドのおかげで後者でした。


今回の入院治療で、もじゃ先生から一つの提案がありました。
動注化学療法を終えた処置室ですでに具合の悪かった私を目の前に、
右足相当痛いでしょ?!歩けるけど、数歩歩くと痛いでしょ?!
しびれもあるし、感覚もない、むくみもひかないでしょ?!

とズバズバと質問攻めの的中で・・・(;´∀`)
そして右足にステント入れようか!と言われました。
先生~!私がもっと具合のいいときに説明してください。
と言ったが最後。その後は音沙汰なしで・・・(;`・ω・)

本日の退院前、もじゃ先生の一番弟子(と思われる)先生が、
私でよければ説明しますが・・・と、のっそりきたので、
もじゃ先生は放棄したんですか?と突っ込んでやりました。
そしたら弟子先生は真剣に、そんなんじゃありません。と単調に返答されました。
ジョーダンですよ弟子先生・・・(;´∀`)

今回の動注の手法をまず聞き、膀胱横の腫瘍に7,8割の薬を注入。
残りを左リンパ節内にあるところに注入。
前回の画像と比べて、2ヶ月以上経過しているにもかかわらず、
大きさは大きくなっていない。もしくは縮小傾向。
今後も様子を見ます、と。

それと右足のステント挿入のこと。
3DCT画像を見せてもらい、
動脈の一部が本来の太さの4分の1くらいになっていて、
そこにステントを挿入し血管を広げる。
そーすると血流がよくなり、痛み、むくみはなくなり、
杖なんてつかなくてもOK!ヒールの靴も今まで通り履けるし、
貧血で疲れがなければ何歩でも歩くことができる。

という、夢のような出来事。あまりにも理想すぎて、
リスクはないんでか?リスクを教えてくださいよ。ないわけじゃないですよね?
と強引に突っ込んでみました。
そうすると、動注化学療法と同じようなリスクです。
と軽ーく言われました・・・( ̄ε ̄;)

そんなこと言われたらさ、動注だって今までうまくいってるし、
リスクはないに等しいと勘違いしちゃうしょね。

つーことで、右足の動脈にステントを挿入することを決意しました。
今月中に再度入院して、処置?軽い手術?をやります。

忙しいな・・・。でも12月から仕事も忙しくなりだすし、
11月中に右足の問題を解決できるのはいいことかも。
ん?病巣がよくなるわけじゃないから、解決じゃないか(;´Д`)


それと今回の病室。携帯の電波が圏外という異常事態。
よってネットもつなげなかったです。
建物の入り組んだところに病室があって陽も入らないという侘しさ・・・(´;ω;`)ぅっ
ちょっと考えて病室造ってよね・・・。


本日の太ももむくみ測定

07:00 左33.5 右36.0

きっとステント挿入したら、このむくみ測定はなくなります:*:・( ̄∀ ̄)・:*:


にほんブログ村 病気ブログへ 女性・婦人科の病気へFC2ブログランキングへ
日本ブログ村へFC2ブログランキングへ
応援して頂けたらブログ更新の励みになります!



| 病気 | 23:42 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。