PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

一つ目の決断

たくさんのコメントありがとうございます。
励ましてくれる人、参考となる意見をいってくれる人、
奇跡を信じてくれている人、治療を止めるべきだという人、
自分も病気だけど一緒にがんばりましょうといってくれる人。
様々なコメント内容を見て私もいろいろと考えさせられます。
今日のブログ記事もとっても長いですが、お時間のある方は・・・。


先日からの私は毎日仕事が本当に忙しく、残業続きです。
体がキツイと感じていることは自分でもわかってます。
でも任された仕事はやり遂げたいし、
今でも以前と変わらない自分で居続けたい、病気なんかじゃない。
と、周囲にそう見て欲しいから・・・。
こんな気持ちからくるものなのかもしれません。
年内の仕事の実質稼働日は残りわずかなので、
それくらいは乗り越えていきたいと思ってます。

水曜には腎ろう交換に行ってきました。
いつもと変わらずで管を抜き入れするとき、マジで気持ち悪い(;´Д`)
あれが毎月かと思うと腎ろう交換に行くには気が重いです。

大学病院に行ったついでに婦人科病棟へも寄ってきました。
患者仲間が入院していると聞きつけたので。
その方は春頃に再発がわかり、治療を続けていたんですが、
抗癌剤の効果が全く見られず、治療しているにもかかわらず、
腹部、胸部の至るところに転移、再発し、すでに医師からホスピスを紹介されたそうです。

そんなものなんですかね。
本人が治療を希望しているにもかかわらず、ホスピスの紹介。
こんな話を聞くと、私はまだまだいけるんじゃないかと錯覚します。
きっと医師や病院の方針の違いなんでしょうけど。


それとここで報告をしておきたいことが。
S先生に手術を勧められたとき、私の背中を押してくれた患者仲間のNさん。
実は10月に亡くなりました。

私が最後に彼女を見かけたのは10月5日の治療のとき。
彼女は婦人科病棟にはおらず、内科へと移っていました。
病室に訪問したんですが、そのとき本人は意識がなく・・・。
なぜそんな状態なのに会えたのかというと、
彼女のご両親とも何度も面識があり、顔を見てやっていってくれと言われました。

正直、このとき私は怖かったです。すごく恐怖を覚えました。
私もいずれこのときがやってくるんだと。

でも、意識のないNさんに何度も呼びかけ、
私はがんばってるよ。Nさんもがんばって。と語りかけてきました。
人って死ぬ直前まで残る感覚は聴力といいます。
だから声をかけることにより、本人が目覚めてくれるんじゃないかと。

この日は震える思いでこの場所を後にしました。
Nさんが亡くなったと聞いたのは11月の治療のときです。
このブログにそのことをすぐに書けなかったのは、
なんとも言えない感情が私の中で今でもずっと残っていたからです。

でも今、どーして書けるようになったんだろう?と考えても、答えはでません。
きっともっと後になったら答えが見つかるかもしれません。
Nさんのお悔やみを申し上げます。


前回のブログ記事を書いて、本当にたくさんのコメントを頂きました。
何度も言いますが、ありがとうございます(*´ω`*)

あれから何度も何度もあらゆることを考えてます。
仕事はいつまで続けるべきか。何をもって仕事は辞めるべきか。
今はまだ退職を勧められてはいないからといって、この状況に甘えていいんだろうか?

いつまで治療は続けるべきか。
以前は私の選択肢に治療をやめるというものはないと言ったけど、
本当にそれでいいんだろうか?

独り暮らしをしているけど、もし一人のときに動けないくらいの状況に追い込まれたときは
どーするべきか?等々。

そこで私は一つの決断をしました。
とりあえず治療はしてくれるというS先生の力の下、今回の治療はします。
しかし来週してもらえる抗癌剤でアレルギー反応や激しい副作用、
病巣の悪化などがみられたとき。
そのときは医学の力での治療は止めたいと思います。

抗癌剤が免疫力を低下させる。
これはよく本で読みました。
しかし抗癌剤による治療で、0じゃない可能性、奇跡を信じたかったんです。
だからここまで薬にすがってきてます。

しかし今は・・・。うまく言葉にできません。
本当にいろいろなことを織り交ぜて総合的に考えちゃうんですよ。
独り暮らしだから、自分で稼いで家賃払って生活しないと。病院代も稼がないと。
そしたら仕事もまだまだやっていかないと。とか。

でもこの思いはもう少しで解消されるんです。
来年の2月頃、家が完成するんです。
春からモデルハウスを見てまわり、ハウスメーカーを何社も訪れ、
設計、見積りと何度も足を運び、やっと着工にこぎつけ、カタチになってきたんです。
両親と一緒に住む家です。

だからそれまではなんとか治療を続け、働き続け、
元気に動けてるよ!まだ働ける体なんだよ!
と両親に認めてもらいたくて。


今年の年越しは私が生まれ育った実家で過ごします。
たぶん、私がここを訪れるのはこれが最後だと思います。
そしてお正月に私が一つの決断を下したことを両親に伝えたいと思います。

きっとこの先、何度も決断しなくてはならないことが訪れると思います。
その度に両親を悲しませたり、周囲に迷惑をかけるかもしれません。
でもその一つ一つの決断が間違っていなかったと胸を張って言えるように、
慎重に、深く考えていきたいと思います。


本日の太ももむくみ測定
20:00 左33.5 右37.0
今日は試しにジーンズをはいてみました。
左足には腎ろうバッグ、右足はむくみというダブルパンチで、左右対称に見えました。
でも余裕があったはずのジーンズ。
ぴったり、ピッチリでした・・・( ̄ε ̄;)
それとヒールのブーツを履きまくってます。
そのくらいまで足の痛みは軽減されましした。


にほんブログ村 病気ブログへ 女性・婦人科の病気へFC2ブログランキングへ
日本ブログ村へFC2ブログランキングへ
たくさんの応援ありがとうございます!
こんなに応援していただけるとは。゚(゚´Д`゚)゚。
なるべく休まず更新したいと思います!



| 病気 | 20:21 | comments:7 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

頑張れとか応援するとかそんな言葉では言い表せません
私も再発…
辛過ぎますよね
ブログずっと読ませてくださいね

| NAME: たら | 2011/12/17 21:55 | URL |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| NAME: | 2011/12/17 22:54 | |

いつも前向きで頑張ってらっしゃるHOAさんのブログを拝見させてい頂いて元気をもらっています。

今回の『一つ目の決断』を拝見して胸が痛みました。
とっても頑張ってらっしゃるのにこれ以上に頑張れなんて事はいえません。でも絶対に諦めないで下さい。

そうですね。きっとこの先、何度も決断しなくてはならないことが訪れると思います。でも絶対に諦めないで下さい。
この空の下でずっと祈っていますよ。

| NAME: こころ | 2011/12/18 13:35 | URL |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| NAME: | 2011/12/18 14:12 | |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| NAME: | 2011/12/18 21:21 | |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| NAME: | 2011/12/18 23:23 | |

はろはろー

朝も早く、おはようございます!
足長じーさんでございます。
 
貴女の歩く姿を見ていると、非常に自身が情けないと感じます。
安易に「がんばってください」とは言いません。だから、私は貴女に「自らが信じる道を歩き続けてください。」と言わせていただきます。
そして、貴女の決断が最善で良いものであることを切に願います。
 

| NAME: 足長じーさん | 2011/12/19 06:48 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。