PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

プラスマイナスゼロ?

3日連続で朝4時に38℃越えの発熱があります(;´Д`)
なので枕元にロキソニン置いて寝ていて、何時だろうと飲むことにしました。
そーすると出勤時間にはすっきりと熱が下がっているという状態です。
よしよし。この戦法でしばらく過ごそうと思います。


火曜にS先生のいる病院に採血に行きました。
白血球、ヘモグロビン、血小板問題なし。
そして一つの提案がされました。

そろそろ右側の腎ろうを考えた方がいいかもね。

Σ(=□=;)…!?マジで!!!!
先日撮ったCTにて右側の腎臓の塩梅がよろしくないらしく、
この際、腎ろう造って腎臓守ろうよ。みたいな発想。

そっか・・・。次、膀胱から出血したらかな・・・。と思っていただけに、
ちょっと早すぎな宣告にビビる私。

お手紙とCTデータ渡すから大学病院の泌尿器科と相談してね。
と言われてきました。


そして水曜の昨日。
4週に一度の腎ろう交換の日だったので泌尿器科に行ったんですが、
データとかを見る前に、お手紙を読んだだけで、
で?いつにする?腎ろう造設。
と言われちゃいまして・・・(´;ω;`)ぅっ

ちょっとちょっとー!それはいきなり急すぎない?そんなすぐに決められないよ!
と心の声で、
できるだけ先延ばしにしたいんですけど・・・。そんな緊急性のものですか?
と問うと、
このCTは2月22日のものだらか、もう2週間経過してるよね?
ほっとくと右側の腎臓、死んじゃうよ?

と言われて・・・(;´∀`)

言葉を失った私に先生は、
とりあえず腎ろう交換してから、診察室で話そうか。と言ってくれ、
違う先生が腎ろう交換してくれました。
めずらしくあまり痛くなかった!
右側腎ろう造設のショックで痛みを感じなかったのか?!

交換後、外来の泌尿器科へ足を運び、先生とお話。
その場で先生はCTデータを見てくれて、
造影剤入れて右の腎臓がぼやけて写っているのは腎機能の低下が見られるって事。
だから腎ろう造りましょう。

とまたしても言われて・・・( ̄ε ̄;)

だからまた、私の腎ろう造設への抵抗と切実な思いを涙ながらに語ってやりました。
左の腎ろうを入れてから、生活の質が一変したことを。つらい日々だったと。

そーすると先生は、ではエコー撮ってみましょう。てことになって、
思ったほど右側の腎臓は腫れていなく、逆に今腎ろうを造設するのはムズカシイ大きさだ。
という判断がおりました:*:・( ̄∀ ̄)・:*:

なので次の腎ろう交換まで様子みましょうよ。
尿量が減ってきたり、腰に違和感があったらすぐに病院にきますから。

と言うと、
4週も何もせずにいるのはちょっと心配だから2週間後にもう一度受診しにきて。
とゆー結論でなんとかすぐの腎ろう造設は免れました。

腎ろうって1つ入ってるからって2つも一緒。て考えられない。
だってバッグは2個背負うことになるんでしょ?
噂では1つにまとめる管みたいのがあるって話だけど、
それはあくまでも噂で。

しかも今、一つ入ってるだけでシャワー浴びるときもすっごく注意して入ってるのに、
これが両側から管でたら、シャワーも疲れちゃうよ・・・( ̄ε ̄;)

ベットで寝るのだって、最近左足の股関節が痛いから、
上向いて寝られない日々が数週間も続いていて、きっとこの先も
横向きでしか眠れないんだろうな・・・。と思った矢先の新たな腎ろう造設。
今からちょー痛い感じがしてきた・・・(;´∀`)

とにかく今は右の腎臓が悪くならないよーに気をつける?
気をつけようがない?祈るしかないね。


それともう一つ。
前回の腎ろう交換時、自己導尿の残尿測定記録を忘れていったけど、
今回は持っていきました。
先生はためらいなく、自己導尿はもうやめていいよ。とのこと。
やったね(・ω´・*)v そーだと思った♪

通常、術後1年経過して自尿が出ない場合は一生でない可能性が否定できない。
2年経ってもでなければ70%くらいの確率で自尿は期待できないといわれている。
しかし私は術後、2年と3ヶ月。
いきなり完全に導尿をやめていい。と言われるくらいの自尿の出っぷり。残尿の少なさ。
ここまでやっと膀胱が回復してきた。

ま~た一歩前進できたうちにはいるかな?
そう遠くない将来、膀胱は使えなくなるけど、自己導尿という煩わしさから少しの期間でも
開放されることが嬉しい(*´ω`*)
悪い知らせもあれば、良い話もある。
世の中、プラスマイナスは上手に訪れるものである。


にほんブログ村 病気ブログへ 女性・婦人科の病気へFC2ブログランキングへ
日本ブログ村へFC2ブログランキングへ
応援して頂けたらブログ更新の励みになります!




| 病気 | 20:10 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。