PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

再宣告

先日の宣告からはあっとゆー間の日々。
この宣告を一人胸の内に秘めておくには重すぎることだった。
そして思いついたのは昔、子宮頸癌になったと言っていた友人に報告すること。

彼女は3年前、同じ子宮頸癌に侵された。
しかし初期段階での発見で0期の異形成。
円錐切除術にて治療を行い、それでも現在1児の母。
元気に過ごしている。私もきっとそんなものだろう。
と、安易に考えていた。


それと職場の上司に報告。
この先、大きな病院に移って検査をします。と。

このときは友人に聞いた話をし、
仮に入院したとしても5日間くらいだろう。
と、ここでも安易に話していた。



そしていざ大病院での内診。
ここでも子宮頸癌と言われ、その中でも扁平上皮癌と宣告されました。
そしてステージはⅠb1期。

これを聞いたときは0期もⅠ期もたいして変わらないでしょ?
と思っていました。
なので「入院期間も1週間くらいですよね?」と聞いたところ、
「3週間」との返答。思わず「どんな手術するんですか?」と聞いた。
返ってきた答えは、


「子宮全摘出」


一気に絶望の波が押し寄せた。
私はまだ結婚もしていなかったけど、
いつかこの先、結婚して子供を産むんだろうな~。
と漠然と思っていた。なのに子宮全摘出。
言葉にならなかった。


ショックを隠しきれなかったけど、
その後の検査日、入院日、手術日等を聞き、病院を後にした。
この時点でまだ家族に話すことはできなかった。





| 病気 | 23:59 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。